『鞠‐まり‐』柄は幸せな女の子の象徴。産着に込められた伝統柄の意味

『鞠‐まり‐』柄は幸せな女の子の象徴。産着に込められた伝統柄の意味

子どもや成人前の女性に多く使われる鞠柄。よく目について可愛らしいけどどんな意味があるのでしょうか?


鞠は長い糸を使って作られることから良縁が来るように、円満な家庭を気づけるようにと嫁ぐ娘にお守りとして手毬を持たせたり、手毬柄の着物をお守りとして嫁入り道具にするという習慣が今でもあるようです。とても伝統的な柄なんですね!


また、平安時代には蹴鞠は貴族の遊びだったことから高貴さと気品を表しています。鞠は子どものおもちゃであることから、子どもがどこに行っても寂しくないように、結婚した時も女性の人生を生涯に渡って守るという意味や、「どんな困難が起きても何事も丸く収まりますように」「丸々と健やかに成長しすように」と言う願いも込められているそうですよ。

今の時代は結婚だけが全てではないですが、人生の中で素晴らしいご縁を大切にできるそんな子に育ってほしいですね。

『お宮まいり日和』では美しい鞠柄の産着をたくさんご用意しております。赤やピンクなどの祝い着に描かれた華やかな鞠の柄を、意味を考えながらお子さまに羽織らせてあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。